格安航空会社の注目すべきことは何か

国内線の格安航空券を販売している飛行機会社としては、他の飛行機会社と比べて色々なぶぶんをコストカットしています。
たとえば機内食や機内でのドリンクのサービスをしていなかったりという接客部分での直接的なコストカット以外にも、インターネットで購入し、チケットレスを使用することで人件費の削減につながっていたりします。こちらも今までは航空会社が人件費をかけて行っていたことを機械や顧客自ら行うことでコストカットしているのです。さらには座席同志の幅を狭めることにより座席数を増やしていたり、飛行機を小さくできることにより、燃料費を削減したりとさまざまな企業努力の上に成り立っているのです。
このような企業における努力により、顧客や機械に任せることにより安くはなるのですが、このような顧客側で色々と手続きを行うことが面倒だという人にとっては格安航空券はあまり向いていません。このように安くなるからにはそれなりの理由があるのです。

ピックアップ

当サイト推奨の飛行機チケットの販売サイト → 格安航空券のE航空券.com
http://e-koukuuken.com/

格安航空会社の注意すべき事

格安航空会社の登場により、飛行機を利用することはかなり身近なものになってきました。LCCという単語も広く知られ、もはや国内では欠かせない存在となりつつあります。

しかしそんな格安航空会社で、注意しなければならないことがあります。大きくまとめると、とにかくLCCは目的地へ運ぶことだけに特化したシステムをとっていますので、何らかのサービスを受けようとすればお金がかかってしまいます。まずは機内食がありませんので、ワゴンサービスで購入する必要があり、また機内持ち込みが出来ない飲食物もありますので、調べる必要があります。また座席指定も料金がかかり、座席指定しない場合はランダムに座席が当てられます。そしてかばんなどの大きな荷物は機内にひとつまで、などの制限があり、それ以上持ち込むには預ける必要があり、別料金がかかります。申告漏れの場合はかなり高額になりますので注意が必要です。

最低限のサービスだけとればいいので、それさえ守れば格安で空の旅を楽しめます。